今月の「おといれだより」から


おといれだより 平成30年10月号(No.445) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成30年10月号(No.445)
【 目次 】

◆日本人の躾(第105回) 「閑林独座」
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~「成仏」ってなんですか?~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 ~提唱~
◆弘法さんのことば(第62回) ~解宝の人は砿石を宝と見る~
◆修行僧の活動日誌
◆妙喜の密教料理 ~ブロッコリーの茎のきんぴら~
◆自然カレンダー 【神無月(かんなづき)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの10月を占う
◆八幡大師大日寺 10月の行事案内ほか



◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 <平成30年10月号より>


~「成仏」ってなんですか?~

◆質問
先日、とても親しくしていた友人が亡くなり、納骨に行ってきました。
その時、1人の方は“天国に行ってくださいね”と祈り、もう1人の方は“お浄土へ行ってくださいね”またもう1人の方は“安らかにお眠りください”そして私が線香を手向ける番になり、思わず“成仏してください”と言ってしまったのですが、成仏とはどういう意味で、どんな時に使うのか教えてください。

◆妙喜
【成仏とは】お釈迦さまのことを仏(悟った人)といいます。
『この世では悟りは出来なかったが、あの世に行ったお釈迦さまのように悟って、おだやかに過ごしてください』という願いの“ことば”です。
そして、亡くなられた方全部に気持を込めて語りかけてください。(仏檀の前で、お墓の前で、お参りされる時にね)

◆質問
では、天国と浄土とは、どう違うのですか?

◆妙喜
天国とは神さまや天使がいる清められた天にある理想の世界のことで、浄土とは西方極楽の国で阿弥陀さまが住んでおられる悪道のない浄められたところ、という意味です。

◆質問
では“やすらかにお眠りください”とは・・・?

◆妙喜
極楽浄土で、何の心配もせずに過ごしてくださいという願いですよ。

◆質問
わかりました。
どれもがOKなんですね。
これで私も、この世で安楽に過ごせます。
ありがとうございました。





お問い合わせ



↑ページトップへ