今月の「おといれだより」から


おといれだより 平成29年7月号(No.430) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成29年7月号(No.430)
【 目次 】

◆日本人の躾(第90回) 「持戒定慧」
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~仏さまは、なぜ宝石をいっぱい付けているの?~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 ~非道い~
◆弘法さんのことば(第47回) ~四生の盲者は盲いなることを識らず~
◆妙喜の密教料理 ~きゅうりのつけもの~
◆修行僧の活動日誌
◆自然カレンダー 【文月(ふみづき)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの7月を占う
◆八幡大師大日寺 7月の行事案内ほか



◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 <平成29年7月号より>


今回紹介する言葉は「非道い(ひどい)」です。

今は〈酷い〉と書き、むごい・残酷であるという意味で使いますが、仏教での〈非道〉とは、人の行なうべき道から外れた行いのこと。
罪の報いによって墜ちる地獄道や餓鬼道や修羅道や畜生道という人間以下の世界のことを非道といっています。

その非道へ落ちることは、むごく酷いことなので、残酷な行いをする人のことを“ひどい人”というのです。

そうそう、仏教では同性愛者のことも非道なことというそうです。





お問い合わせ



↑ページトップへ