今月の「おといれだより」から


おといれだより 平成30年7月号(No.442) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成30年7月号(No.442)
【 目次 】

◆日本人の躾(第102回) 「大悲代受苦」
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~もっと効き目があるお経を知りたい~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 ~塔~
◆弘法さんのことば(第59回) ~一塵、大嶽を祟うし、一滴、広海を深うす~
◆渡辺先生の無料法律相談に参加して ~榮研~
◆修行僧の活動日誌
◆妙喜の密教料理 ~海藻で磯の香りをいただきましょう~
◆自然カレンダー 【文月(ふみづき)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの7月を占う
◆八幡大師大日寺 7月の行事案内ほか



◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 <平成30年7月号より>


~もっと効き目があるお経を知りたい~

◆質問
私は毎日、お仏檀の前で水とお茶を新しくして、灯明をつけて線香を供え、般若心経を唱えていますが、ふと、もっと効き目があるお経があるのでは?と思い、FAXを送らせてもらいました。

◆妙喜
「効き目がある」とは、亡き人に強力なお経という精力剤を飲んでいただくということかしら?

◆質問
えぇ、まぁ・・・、あの世で迷っているのではと、心配になったものですから。

◆妙喜
わかりました。
お仏檀の前やお墓の前で、光明真言を3回唱えて下さい。

“おん あぼきゃ べいろしゃのう まか ぼだらまに はんどま じんばら はらばりたや うん”

そして、心の中で“5人の如来さまに護られ、仏の放つ明らかな光につつまれて、成仏して下さい”と念じながら、お唱え下さいね。

◆質問
わかりました。
5人の如来という仏さまに付き添って護られるなんて、すばらしいですね。
なんだか私の方まで護られている気持ちになりました。

◆妙喜
今度は、ご先祖さまが、あなたをお護りしてくださいますよ。





お問い合わせ



↑ページトップへ