おといれだより 平成25年2月号(No.377) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成25年2月号(No.377)
【 目次 】

◆日本人の躾(第38回) 「施無畏(せむい)」 -ご真言-
◆お釈迦さまが残していった宇宙の法則(第67回) 「何気ない一言の使い方!」
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~般若心経は何に向かって唱えるの?~
◆読者さんからのおたより
◆死に方、生き方教室だより あの世への旅立ち~葬儀のおはなし~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 -解説編-
◆妙喜の密教料理 ~幸せを飲もう 大日寺風「福茶」~
◆自然カレンダー 【如月(きさらぎ)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの2月を占う
◆八幡大師大日寺 二月の行事案内ほか



◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 <平成25年2月号より>


~般若心経は何に向かって唱えるの?~

◆質問
もしもし、声を出して覚える般若心経を書いた和尚さんのお寺ですか?
やっと仕事が見つかり、一生懸命働いているのですが、
いつまたクビになるかとビクビクしているところに和尚さんの本と出会いました。
読んでいるうちに般若心経は不思議な力をもっているんだ、と元気がわいてきました。
そこで毎朝、出勤前に般若心経を唱えることにしたのですが、
私の部屋には仏壇もないし本尊さまという仏像もありません。
何に向かって般若心経を唱えたらよいのか教えていただけませんか?

◆妙喜
元気が出てきて、よかったですね。
でも、お経を唱える対称物がないと効き目がないようで不安な気持ちになるのでしょう。

◆質問
そうなんです。
仏像を買うお金もないし・・・。

◆妙喜
お金をかける必要はありません。
仏像の写真を掛けて、その前で唱えるとか、
また写真もなければ、北を向いてお唱え下さい。

◆質問
えっ!なぜ北を向くのですか?

◆妙喜
般若心経は、
人間はなぜ生まれて来たのか!
どう生きていったらいいのか!
どうやって死を向かえたらいいのか!
という、お釈迦さまの教えなのです。
そしてお釈迦さまは北にいらっしゃるからです。
また、人が死ぬと、お釈迦さまにあやかって、北を枕にして寝かせるのです。




お問い合わせ



<< 【「おといれだより」バックナンバー】に戻る

↑ページトップへ