おといれだより 平成26年1月号(No.388) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成26年1月号(No.388)
【 目次 】

◆日本人の躾(第48回) 「菩薩の心得」
◆弘法さんのことば(第7回) ~始めを合くし終わりを淑くするは、君子の人なり~
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~お墓参り~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」
◆「十夜法会 参加レポート」
◆妙喜の密教料理 ~高野豆腐でつくる湯豆腐~
◆自然カレンダー 【睦月(むつき)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの1月を占う
◆八幡大師大日寺 一月の行事案内ほか



◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 <平成26年1月号より>


今回ご紹介する言葉は「安心」です。

元日の修正会を終えると、
「おめでとうございます。今年も新しいお札をいただいて家内安全で過ごせますよう、お参り出来て安心しました」
という声が聞かれます。


そこで、安心の本来の意味を知って、本当の安心を得ましょう。

普段私たちは心が落ち着いて心配のない状態のことを安心していると使っていますが、
本来の意味は信じている教えを実践してみて、
「ああ!やっぱり教えのとおりだった」と思えることを安心(あんじん)といいます。

その教えとは十善戒を実行することですね。

①不殺生(ふせっしょう) <生きものをころすな>

②不偸盗(ふちゅうとう) <他人のものを盗むな、ほしがるな>

③不邪淫(ふじゃいん) <道にはずれたセックスをするな>

④不妄語(ふもうご) <うそ、でたらめを言うな>

⑤不綺語(ふきご) <おべんちゃらを言うな>

⑥不悪口(ふあっく) <他人に悪口を言うな>

⑦不両舌(ふりょうぜつ) <二枚舌を使うな>

⑧不慳貪(ふけんどん) <物惜しみや貪りをするな>

⑨不瞋恚(ふしんに) <怒ってはいけない>

⑩不邪見(ふじゃけん) <間違ったものの見方や考え方に気をつけよう>


今年は家内安全でありますようにとお札を身近に供えて
「十善戒を守りますよう努力しますので家内安全を叶えてください」
と実行してみましょう。




お問い合わせ



<< 【「おといれだより」バックナンバー】に戻る

↑ページトップへ