おといれだより 平成28年3月号(No.414) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成28年3月号(No.414)
【 目次 】

◆日本人の躾(第74回) 「法に任す」
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~いさん~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 ~用心(ようじん)~
◆弘法さんのことば(第31回) ~ただ禅那と正思惟のみ~
◆彼岸法会同日開催「渡辺先生の法律相談」に参加して (二十期生 伸榮)
◆妙喜の密教料理 ~ヨーグルト粥~
◆自然カレンダー 【弥生(やよい)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの3月を占う
◆八幡大師大日寺 3月の行事案内ほか



◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 <平成28年3月号より>


今回紹介する言葉は「用心」です。

用心のもとは仏道修行者の心がけのことです。
つまり常に何が起こっても対応出来るように心にとめておく事をいいます。

修行中に心がゆらぎ、集中心がなかったら、
“せっかく仏さまが導いて下さっている気配も感じられませんよ”と用心、用心と教えていたのが、
いつの間にか万一に供えて警戒しなさいと一般にも広まり、
“火の用心”、“用心棒”などと用いられるようになりました。





お問い合わせ



<< 【「おといれだより」バックナンバー】に戻る

↑ページトップへ