おといれだより 平成29年6月号(No.429) から、一部内容のご紹介

おといれだより 平成29年6月号(No.429)
【 目次 】

◆日本人の躾(第89回) 「発心正覚」
◆仏事講座「もっと知りたい仏の世界」 ~ご利益と利益~
◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 ~皮肉~
◆弘法さんのことば(第46回) ~自宝を知らず、狂迷を覚と謂えり~
◆得度式に出仕して 二十四期 庸弘・三十期 道縁
◆妙喜の密教料理 ~野菜のジュース煮~
◆自然カレンダー 【水無月(みなづき)】 「新暦、旧暦、六曜、二十四節季、旬の食べもの」
◆密教占い あなたの6月を占う
◆八幡大師大日寺 6月の行事案内ほか



◆知っていますか?「暮らしに生きてる仏教語」 <平成29年6月号より>


今回紹介する言葉は「皮肉(ひにく)」です。

隠禅宗では〈皮肉骨髄〉という言い方をして、皮と肉と骨と髄でできている人間の本質、全人格のことを言います。
また、祖師の信念や思想、行為すべてをいっているのです。

それが転じて、凡人の間では骨身にこたえるような鋭い非難ではなく、皮をチクリと刺すような遠まわしに意地悪く弱点をつくような言い方を皮肉というようになりました。





お問い合わせ



<< 【「おといれだより」バックナンバー】に戻る

↑ページトップへ